CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 雨上がりのオーデション! | main | 話せばわかる。一声で。 >>
「カオカオ」 1◯8

雨あがりの朝、目が覚めて眠れない・・・

まだ雨音がやんだばかりの、ぐっしょり濡れてる坂道を下り出した。

いつもの道いつもとは何だか違う気配が呼んでる

心に聞こえる声を辿りながら、歩き続ける。

小学校の裏門の隣、もう蝉も起きてる神社の鳥居に近づく、左に曲がる。

そして、も一つ角を曲がったとたん・・・ その子らが!?

白い、  こっちを見てニッコリ笑ってる・・・

目をこらすと、結構、大勢・・・ 

近くを歩いてた長身の女性は!?何も気付いてない様子。

も少し早起きして薄暗い時なら、まだ動いていたはず。

夜明けと共に固まって、直ぐな感じ、まだ息遣いが聞こえそう。

もしかして、もしかしたら、こだま! 「木霊」樹木に宿る精霊です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・?

何を伝えに来たのだろう。きっと、いいことあるかもなぁ〜

 

明日、もういちど・・・

#こだま #もののけ姫 #精霊 #木霊 #妖怪

 

 

いきぬきどころ/きんど

| カオカオ | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ibasyo.in/trackback/1142953
トラックバック

みんなのブログポータル JUGEM