CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 茶色いバラの花束 | main | 大きな小さな命の守り方。 >>
禅寺ミュージアム

十八日就寝前の地震の警報音、何度聞いても心がびびり上がる。

翌朝、土砂崩れや壊れた家などはあったものの、

人的被害がないのをニュースで確認。

今更ながら、自然との共存を心に刻む。少しホッした。

 

それから修理完了ハンターカブCT110で調子を確認にお出かけ。

そこは「お寺ミュージアム」友人の寺。

友人達5人展。

 

掃き清められた枯山水に容赦なくタイヤ痕を残して侵入、お邪魔しました。

 

丁度中日的で、思惑通りゆっくりと鑑賞、作品との対話

作家との談笑も楽しんできました。それぞれの個性、いい感じです。

メガネ、ライティンググラスを用意して、

隅々のディテールを凝視する事をお勧めします。

 

御供所町の寺町。

インバウンドの旅行者も時代です、ちらほらと迷い込んで来る。

 

きのうひろこ

 

みのはらみすず

 

津島タカシ

 

中島真由美

 

喜納更紗

 

福岡市博多区御供所町11−20 禅寺/節信院

TEL092-281-4182

「 お 寺 ミュージアム 」 

 

※先代の節信院の和尚は一休宗純ゆかりの大徳寺塔頭・真珠庵の和尚と

ご友人だとか、さすが禅寺、自由に理解がある寺です。

 

 

◉きのうひろこ。人形というか?もう人像の域。自然に敬意を持って、磨耗し経年変化した素材との対話から導かれて創作される像、この寺で生まれ育っただけにもう仏師に通じる感じ。台湾からの旅行者が日本を離れる最終日に、ワクワクと二像現金で手に入れて帰郷したとか!人気な展示会。今週の23日(日曜)まで。なくならないうちにご覧下さい!同じ作家の作品はきんどにも展示しています。

◉染めに使った型紙が障子に展示。これも自然な光との共演。いい感じです。

 

お寺ミュージアムFacebook

 

いきぬきどころ/きんど

| - | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ibasyo.in/trackback/1142942
トラックバック

みんなのブログポータル JUGEM