CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 美しい雨 LIVE | main | ティンカーベルの羽根 >>
死んでもかまわない!

今年はイネ科の植物がやたらと今まで見た事ないほど

至る所で元気にぼうぼうに茂ってる。

街路樹の周りで猫じゃらし。庭のあちらこちらで猫じゃらし。

那珂川ベリのススキも思いっきりすごいことに・・・

死ぬかと思った猛夏の猛暑の所為でしょうか・・・

 

肝心の米の稲穂も今年はよく育ってるのではと予想ができる。

昨日、久留米方面に!遠くまで田園が続く景色。

でも風の巻具合か?稲穂がぐったり倒れてるところがあったり。

今はもう、とんでもなくコウベを垂れる稲穂だらけ、

やっとこ重そうな頭を我慢して支えてる感じ・・・

うちの主食の半人米も先週の台風と25号の合間で

どうにか息を切らして大急ぎで無事に稲刈り完了

ほっと胸をなでおろしてる様子。お疲れ様でした。

そのブログの先週の記事の一言。

今日も水路に流されて行方不明者が出たようですが・・ だって

台風なんだもの!!そりゃ心配で心配で様子を見に行きますって

異常気象を乗り越え、一年間の稲育て、

やっと手塩で実ったみんなの一年分の食料。

死んでも見に行きたくなるのもしょうがない・・・

まさしく、死活問題!

机の上から注意喚起する側も職業だから言わなきゃならない。

それもわかる。でも、そう言われたって、行かなきゃならないわけがある!

マスコミだって、色んな物がブンブン吹き飛んで行ってる危険な台風現場

取材しながら、「不用の外出はしてはいけせん!」と叫んでる矛盾。

 

不用じゃないのです。それぞれ必死に行きている。

農作物の被害もこの実りの秋、現場はどこも命がけ!

 

昨日見た頭の下がる稲穂達も、

25号台風から逃れてくれるよう祈っています。

もう今年の台風もご勘弁、終焉でいいんじゃないでしょうか・・・

お手柔らかに、それしか言えない!それが現実。

絶対美味しい新米の嬉しい「いただきます」ももう直ぐです。

 

 

| - | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ibasyo.in/trackback/1142863
トラックバック

みんなのブログポータル JUGEM