CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
便利は不便・・・

 

うちで管理してる共同生活ハウス。

古い家に世代の違う三人が住んでる。

楽しそうな声が、近くを通り過ぎる時漏れ聞こえて来たり。

良い関係も積み上げながら・・・

 

前の住人が年配のご夫婦家族だった事もあり、電気容量が30Aハウス。

それぞれ今の住人が違う時間帯で暮らす。でももちろん一緒になったり。

それでも、それが一年間譲り合いでどうにかナッて来た。

「ゴメン、ドライヤー使ってたぁー」「レンジ使ってた」など、

ブレイカーを何度も落としながら・・・

今の便利な時代からすると、不便に暮らしてた。しかし、

その不便がこの家で共同生活をしながら思いやりを芽生えさせてた。

けして遠慮ではなく。言いたい事は伝え合いながら。

 

暮らしだしてもう直ぐ一年。夏エアコンつけれない。

冬電気ヒーターがつけられない。今時の要望が!

今までの不便さに感謝しつつ今回、40Aの電気工事を結構。

何も不便を感じずに最初からだったら、

電気のありがたさも節電も考える機会はなかったろう。

なんと、工事後凄く感謝された。

 

今日、朝一に九電の工事用のバケット車が三台到着。5人掛かりで工事完了。

工事後の説明・・・  今度40Aを50Aに契約を上げたい時は、

電話一本の連絡で九電の管理部署で契約を変更出来るとか、

電気代の検針もわざわざ人が検針に来なくても分かる

ネットワークで繋がった最新の電気メーターが取り付けられた!

しかし月に一度「電気の検針で〜す」の遠くから近づいて来るお兄さんの声も

聞こえなくなると言う事!『お疲れさまで〜ス』の返事も

しなくていいと言う事。確かにべンリです。でもお年寄りとか、

そんな事でもどこか人と話す機会や生存確認になっていたものがなくなる。

なんかどこか、便利は不便をまわり回って生み出してるような。

どこかの大統領のようにツイッターで何でも言いたいことを言う時代。

なんか伝わってるのか伝わっていないのか?LINEやツイッター、メール。

カーナビ。 便利が人のふれあいをなくして行く。でもそんな時代。

人が動くが一番高価時代。でも人も機械のように働かないと、

便利に押しつぶされる。ブラック労働を生み出す。

なんかやっぱり不便な時代です。

 

 

| マイセツ/my 説 | 22:46 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
神聖な小さな儀式

ミラーガラスのオーナメントボールとお気に入りの

みの虫サンタの人形の飾りつけも完了。

手に入れて二十年、音抜けしてたハンドベルを修理して演奏で参加。

3、2、1、0、ツリー点灯・・・

 

今年手に入れたもみの木は今までで一番葉の色が深くて良い色味。

全体のバランスを見て短く切り落とした枝がもったいない。そこで

それに野バラの赤い実を足してオーナメントボールを一個結びつけて

テーブルの上のミニツリーに設え・・・

シンプルに小さくしてみると何だか正月のお飾りにも似た

クリスマスツリーに。本物の生の木だからこそ

感じとれる新年を迎えるにあたりの西洋と日本の共通点。

生き生きした自然の実りを使っての神聖な新年の入口への

何か自然への敬意を払う尊敬の儀式のような・・・

もちろんキラキラなイルミネーションもキレイ。l

でもこんなシンプルな作りもまんざらでもない、なんかいい感じ。

プロジェクションマッピングもバーチャル世界も良いけど、

自然の木はやっぱり美しく力強く意味深い・・・

木は生きています。それを感じてみて下さい!

 

 

◉サンタを添えればちゃーんとクリスマスに見える。そして干支の酉を添えればお正月の飾りに。ツリーは門松。玄関ドアにリースは西洋しめ縄。

 

style="color:#FFFFFF"> style="color:#FFFFFF"> style="color:#FFFFFF">IKEAの生の木ツリー もみの木 樅の木 イケア

| マイセツ/my 説 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
5年前も咲いた花


このごろ咲かないなあぁ〜と思ってた花

黄色い可愛い花。今年は咲いてる咲いてる。

コモチマンネングサ

ある時、花屋で販売してたけど、買わなくても、至る所で咲いてた。

The 雑草です。

小さな星形の花弁。メルヘンな花・・・  いい感じ!

でも・・・・ ?

何かこのサイクルはあの時だったような?!?  脳裏を過った。

そこで、ブログを見直してみたら、、、やっぱり!!

この花が咲いた年は夏が長かった・・・ 暑かった。

2011年、職人さんが9月に現場で熱中症になった危険な夏。



うちの庭先、色んな鉢植えの根元、

お花屋さん的に言うと!グランドカバー。至る所で咲いている。

近所のお宅の庭先でも、道すがらの離れた所も。

今年はどんなとこでも咲いてます・・・

と言う事は、、、、、、    やっぱ、  

アマタツ!!に聞かなくても、、今年の夏は大猛暑の予感。

お気をつけ下さいの星形の黄色信号の花です。



◉うちの石の階段、今年はキンシバイも今まで最高の花芽がついてる。まだ6部咲き、それでも咲き誇ってる。奇麗です。しかし紫の季節の前のこれも夏のイエローカードなのかも!  当たりませんように・・・  



 
| マイセツ/my 説 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
間違えたっていいちゃない!失敗も!

このごろの明るい話題、福山ロスは良い知らせ!

福山雅治がロスに移住の話ではないみたい・・?!

その他は連日殺人のニュース・・



息子R、中三!受験生!?

高校の見学会オープンキャンパスに一緒に行って来た。

昔からあるどこにでもあるふつーの校舎を左右に見ながら講堂に!

アンケートをR、書いている!なにを書いているのやら・・



模擬授業・・  普通科の社会の授業の後、もう一つ、

教室を変えてコンピュータービジネス科の先生の話。

ブラインドタッチなど一から教えます。卒業すると直ぐ役に立つ。

就職に有利・・

疑問に思った。人間が要らなくなってるのでは。

コンピューターが仕事を楽にしてくれてる。それはもちろんその通り!

その言葉や計算の数字を間違えないように打ち込む!

それがコンピューターが出来ない人間に残された仕事・・・?

そんな人材を生み出す事が学校がしなければならない事!?

もう人工知能、言葉でしゃべれば入力も出来る時代になってきてる。

もうすぐ目の前に!要らなくなる人間を作っているのでは・・

間違えなく素早く打ち込む!それが出来ても、役に立たなくなる。

日頃から子供達に言ってる。人間しか出来ない事は間違えられる事。

それを回避する能力、ハプニングに強い人材作りは要らないのか・・・

間違えられない!はストレスを産み、死に繋がる・・・

なぜ、この科の授業を受けたかったと?Rに聞く・・・ 

なんかイメージが違ってた感じ! やっぱり!!

うちではコンピューターは物作りのためにある。

そのコンピューターも使い方次第!

このブログに子供達の喜びも失敗もいっぱい載せて来た。

とんでもない事も!

「Rも色々しでかして来たよね!でもそれはそれで良いと、経験やから!」

「でも、本当に悪い事は分かって来たろ、

間違えても良いからいっぱい今から経験せんとね!」

一つ前の記事のSAKEブースの撤収の時は最初は関係者に子供さん達も

手伝うのですかの質問をされながら、小4の時から手伝ってるRも

当たり前に役に立ってる・・・



まだ、いくつか高校見学をしたいと言う!

今、大学二年の息子Kの時から、もっと時代はどこかに向かってる。

デザイナーもあの東京オリンピックエンブレム事件以来!

ストーカーとさほど変わらないニュアンスまで落ちてしまった。

デザイナーの肩書をやめ、居場所作家を理解されなくても名乗りだして、

年月は流れ大分時代が変化して来ている。

良いのか悪いのか、居場所作家が理解されるようになって来た。

・・・・・・・・・・・ 複雑です。




| マイセツ/my 説 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
予言者のうそ!

結局、強い西日が差し込んで来た。

あの噂は何やったんやろ!

朝から現場、職人さん達も、昼からヒドい雨になるんでしょう・・・?



???????・・・ ??

いつの間にかウェザーニュースから雨マークが消えてた。

金魚鉢の水、家を出る前に水位15センチ程減らしてた・・・

ヒシャクで水を掬っては階段に撒きながら、

ココまでやってたら、ふらんやったりになるカモなぁ〜!

と頭をよぎった。。。

ホーラ大当たり!!

FMでも準備万端「雨具持ち込んだのに!」パーソナリティーもボヤイテタ!

でも大雨はそんなにいらない、良かった良かったデス。

息子Kが今朝家を出る時「傘持って行った方が良かろう・・・」

の質問に、予報ちゃと見とかんか!バリの断言して答えたけど・・・。

オトウさんはお陰で嘘つきの予言者で今日が無事終わりました・・・




◉雨を期待してた紫陽花も大分しおれて来た・・ 紫の季節もそろそろ終演!

| マイセツ/my 説 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スイッチ人間

久々に正屋の岩崎君が店の事で相談に・・・

会話が進み、自転車のギアが壊れる話になった。

モチロン、チャンと作ってる自転車専門店、なぜ・・・?


そこで、考えられる原因のマイ説を話した。

日頃思う事で、現代人は何事も今スイッチのON,OFFで動いてる。

そんな話をした。◯か×か?


うちの息子Kが車の免許を取った。

その時オートマ免許ではなく、マニュアル免許取得がいいとアドバイス。

今、車はキーを差し込みエンジンをかければほとんど何もせずに走り出す。

マニュアルはギヤをチェンジしながら、自分のタイミングで走らせる。

操作次第でポテンシャルは上がる。

それが面白い。確かに面倒くさい?そう思う時代。そして楽・・・

しかし、なんでもオートマにした結果、

人間が要らなくなる方向にドンドン世の中は進んでる。

運転もしなくていい車もそろそろ市場に出て来る。

それが当たり前になって来たので、人力の自転車までも、

スイッチ運転、オートマ運転してしまう現象が起きだした。

自転車のギアは一段一段ギヤを上げながらギヤチェンジをする。

それが当たり前なのに、一段ギアから

五段ギヤに行きなりスイッチを入れてしまうのだろう。

ギヤの様子を感じながらのギャチェンジさえ出来ないと言う事。

人間、、マスマスバカになって来てる。

エコだから自転車に乗る??と言う、本質ではなく流行り?・・・

良くわからない理由で!

災害時、ガソリンも電気も使えなくなったら、

その時は人間に一番近い自転車が自分を救う!

うちの前の急な坂道を、ウマい自転車乗りはギヤを的確に

一段一段チェンジしてスムーズに登って行く。感心する。

それが、分でがす、自転車なのです。

ペダルを踏んだら前に進む。

これが本当の便利がいい乗り物なのかもしれません。

自転車位ちゃんと乗れないと人間も死んだも同じ。

またそんな事を感じた・・・


◉私目がプロデュースした、正屋がドォーモの10月エンディング曲の

プロモーション映像に使われました。「ペダル」と言うタイトルから

使われたそうです。自分の力で、ペダルを漕ぎましょう・・・



正屋HP




| マイセツ/my 説 | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
悪い子

不景気・・・

戦争で負けて、それからと言うと、アメリカをコピーし続けて来た日本。

それから、地球を一周してまねて来て、時間の流れまでも皆。

そしてやり尽くしたあげくマネーゲームにまで巻き込まれて、

そして不ケーキ。そして、何の未来に続く物語もないまま、日本のトップの大人達は延命治療のゴート札を印刷しだした。

まねるダケなら、人件費の安価な中国に。

挙げ句の果て、ご丁寧に技術まで教えて経済で負けてしまった日本。

戦後からは最初に目を付けた物をまねた経営者が、上から消費者まで色んなコピー物を流し込んで消費社会。

それが等々終わった。 ただまねた物なら、100円ショップで何でもそろう。


今、良い人材はウェブ社会に流れ出した。タブ−だった事も土俵が変わって自由になった。

トップダウンではもうダメ。個性の時代。個をプロデュースしてどうまとめるかの時代。


小学校6年の卒業間際、ラルが登り棒で遊んでいて先生に注意されたと言う。

登ったらおりてくるだけで、横に移動して遊んではダメと。

「なぜですか・・・」と質問したらしい。

『危ないから、父兄にも迷惑が掛かります 』

「それなら、うちのお父さんは大丈夫です」と遊び続けたらしい。

先生は言葉を無くしたみたい。

そう言えば、卒業式の最後にこの写真を撮った時、最初他の子は登るのをチュウチョしてた・・・

本当にいい子達・・・。うちの悪い子らるは我先に登って行った。

ウっ・・・ん・・・

応用はダメ、のぼり棒は登るだけ下るだけ、、??

しかし、うちでは、木ぐらいは登れるやろう。公園の屋根ぐらい登れるやろう。

そんな、遊びを良くする。男の子ならコレぐらいあたり前。でも、回りのお母さんに変な顔で見られた事もある。

いい子はあんな危ない事しては行けません・・・

うちではもっとやれ・・・ でもTVゲームだけの危険な遊びはいけません!!

トップダウンな時代はその方が経済は動いた。先生の言う通りにした方が点数が良い。内申書も良いから、黙って、日本人を演じる方が良かった。いい子を演じる方が良かった。

でも、そんな時代は終わったような気がする。

何かを生み出す力を持った人は外国に流れ。ウェブの世界に流れる。ノーベル賞はアメリカで。

それで良いのか??

優等生じゃダメ。いい子じゃダメ。

決まった事をするのなら、間違わない事をするのなら、プログラムの世界で間に合う。

ロボットも優秀になって来た。

ハプニングに強く。今を感じ、明日を作る人間になってほしい。そう願う。

お父さんの言う事は聞かない方が良い。先生の言う事も聞かない方が良い。

大人の言う事も聞かない方が・・・・

しかし、新しい事を考えたら理由を聞く。それが筋が通ってる事だったら、子供の意見も聞くべき。今からの自分の時代を作る子供達だから・・・

それがうちの考え、おかしいですか??!!!!ね!

私目も、お客さんの言う通りにはしない。お客さんの想像を超えなければ価値がない!

そうして来た。そして喜んでもらって来た。

言う事を聞かなくてゴメンナサイ!そして、最後まで信じてくれた事にありがとう。

その繰り返しで・・・  そうじゃないと、次がない。自分じゃない!!

そしてコレからも・・・  です。





◉来路の誕生日プレゼントがやっと届いた。部屋の中に持ち込んでサプライズ。帰宅してドアを開けて「やったぁ自転車きたと〜」・・・  遅くなっってゴメン、13歳おめでとう。自分の部屋で自転車こいで喜んでた。新しい物好きのMもカゴの中。二階では「部屋にもしかして持ち込んだと?」と嫁さん!頷いた悪いお父さん。ダメですかね。こんな大人。。。


| マイセツ/my 説 | 18:02 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
オーディションの季節


ある住宅プロデューサーが施主の要望を聞いて、

きんどの庭もガーデンプランナーに頼めば出来ると答えた。

ん〜〜、出来るのは出来るでしょうが??

維持が出来きるのかなぁ・・・


正確に言うと最初からうちの庭はお金を掛けたらできるものではない!

それは、、作る庭ではないから・・・


本物に対して、本物志向、〜風など色んな言葉があって、

いかにも本物と同じように聞こえるが、それは全く違う事。


良くうちの庭を「作ってください!」

と言われるけど、作るのではなく、係わる事と活かす事がこの庭作りの方法!

時間を掛けて、暮らしながら、毎日の判断で、庭と話をする事がコツ。


春が来て、緑が鮮やかになって来た。

名前を知らない草達も生き生き生えて来る。

いるものも、いらないものも育って来る。

それを自分の感性、好き嫌い で整えて行くだけ!

考える暇などない、黙々と感じ、今、、いらないと感じたものを抜いて行く。


時間が経つと、いらないものがかわってくる。

好きな物がかわる。それにもまた素直に反応するの繰り返し。

そんな庭を好きだと言う人が多い。

実は頼まれても困る。

毎日がオーディション。私目に気に入られないと、抜かれる。

それでいいのだ。それが結構楽しい。

今日も、新しく植えるのではなく。

抜いて見ました。足すのではなく、引いて見ました。


今要らないと思う物を、見えにくい所まで、目を届かせ抜いて行く。

するとだんだん、年月が経つと、整理されて行く。

要らないと思う草だけが段々減って行く。

ここらしい、ここでしか出来ない、庭になって行く。

うちの庭が好きな皆さん、今です。自分の感性で、整理する。

その季節が今です。

草かりきで一気に全部切って、新しく植えるではこんな庭は出来ません!

自然は色んな事を教えてくれる。それを楽しめないと出来ない庭です。

うちの庭の今年第一回目のオーディションを敢行しました。

可愛い庭が浮き上がってきました。

この庭はどこにもない庭です。

いい感じの庭です。ご賞味ください・・・

前に進んでるつもりで、結果そうではない無駄に急ぐ時代。

それでは、人間だけが、地球の自転に逆らい、

そんな生き方では、本来の美しい地球は帰ってきません。

それは、政も同じ事かもしれません。

サー、オーディションの季節です・・・





| マイセツ/my 説 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
氷河期が来る





誰しも口ずさみたくなる今日の天気!!

レミオロメンが活動休止を発表した途端、日本中大雪が!!

力ノンが始めてピアノで覚えた曲!! サッキも上ずりながら歌ってた!!



ラルが「ただいま〜〜 」ニヤニアしながら孝房の窓ガラスに行きなり雪玉を投げつけてきた!! 「 ダァン・・・  」

子供にとっては楽しいイベントの雪!



温暖化が身にしみてる近年ですが!次は太陽のフレアが異常な動き。今度は一転いつ氷河期のスイッチが入ってもおかしくない状況らしい!!


コンピューターが一人一人の手のひらに乗る時代。科学者達が色んな地球の異常をパソコンを使い色んな計算を駆使しシュミレーションで発表し出した。

そんな事が分かるようになって来て、そんな時代を目指して来て、その人間達が、色々な異常気象を巻き起こす。そして、人間を不安にする。悪循環!

矛盾している。


そんな時代!!

それにしても今日は寒い!!

まだ氷河期はこんな物ではないと思うが・・・・




◉現場の帰り道、灯油を買って家の近くまで来ると、池のほとりの木々を公園整備で大勢で整理してた。もったいないので、来年の薪にするため軽トラに二杯分、もらって来た。重くて走らなくなるくらい!!  これ位では氷河期は乗り切れない!?自然が落ち着いてくれれば良いのだが! みじかにある自然でも色んな事を教えてくれる。それを楽しむ事がそして今からをどう過ごすかが大事な事だと感じる!人間おごる事なく。

◉あすは「きんど」 実は午前中リネン系アパレルの広告写真撮影がある。この時期だから春物!モデルさん大変!今、うちの前の道が氷ってる。そしてまた、粉雪が降り出した。気を付けておこし下さい!!



| マイセツ/my 説 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブームの町
 

すごい夕立のつぎの日の朝、調整池を兼ねた公園がポニョしてた。ため池はモチロン何時も散歩してた道も水浸して光ってた。

洪水もこの程度なら涼しげでいいけど、東日本の惨状は大分ニュースの登場がこの頃はすくなくなってきたが、まだまだ、復興は一向に進まない。

チャリティブームから今度は節電ブーム。日本人は本当に誰かに便乗のブームと言う言い訳が好きだ。

去年まではエアコンの設定は28°をまもればスゴく世の中に貢献してるエコブームの感じだった。

しかし、今年はエアコンを使わないブームがやって来た。

そんなのいきなりは無理。エアコンで28°設定の家でよかった条件がエアコンをやめるが今年のブーム。

この頃、ウチの地域も新築ブーム。しかし、風が通る様な大きな窓を作ると経費がかかる。

ギリギリのエアコン設定28°の家をやっと、なけなしの借金で建てた途端、エアコンを使わないブームは無理。

風が通る様な家は今時建ってない。マンションの様なシンプルと言う言い訳で経費節減、窓は極力小さく少ない一件屋。おしゃれに見えるけど、こんなに暑いのに窓を閉め切った家が多い。  今年のブームに乗り切れてない・・・もしかしたら、エアコン切って窓を閉め切ったまま我慢してるのか、現代人を演じるために。

どうしましょう!!


金曜日、らるが小学校から走って帰って来た。家の庭の階段を掛け上がって来た途端。

「やっぱ、ウチ涼しーね」  そうつぶやいた。

町の中で森のある環境。緑だらけ、土だらけ。涼しさは他で味わえない!!

11才の子供でも実感して何か思っただろう・・・


うちは、エアコンは基本つけない。扇風機は今年の扇風機ブームに関係なく、各部屋に装備、天井扇も各部屋で家族が出来た時から、ブンブン回ってる。

外気温と室内の温度差があまりないので、ムッとした感じがなく、気軽に外と内を行ったり来たり。楽しい。エアコン生活にはこれがない!外に出る度、嫌になる。直ぐ冷蔵庫の中に戻りたくなる。うちでは車も窓を開けたまま走る。温度差がイヤ。

こんな生活も3年で慣れる。自分の体が汗をかきながらちゃんと体温調整する汗腺の開いた体になる。少し汗ばんだ後の風の体感温度は本当に涼しい、気持ちいい。

夏の普段着もうちではズート、スーパークールビズ。何処に行くにも。もちろん、仕事も。これ以上スーパ−スーパークールビズをすると、パンツいっちょ姿でキャナルシティにお買い物。流石に私目もそれはハバかる。もちろん、素っ裸でクールビズもいくらスーパーをくり返し重ねてもブームの言い訳は無理。

しかし、もっと大事なのは、今年だけの節電ブームでいいのか? 

きっと、原発ではない発電所をいっぱい作っても、また、地球は怒りだす。

今、電気に頼らない、人間のもつ知恵を使う季節感への順応性を引き出す事が大事だと思う・・・

日本人の環境に順応する能力は優れていたはず。それが文化だった。それが粋でカッコよかつた。:そんな生き方を持った国だったはず。



近年、ズーと畑作りを趣味にしてる嫁父がつぶやいた。電気に頼り過ぎた社会を作り過ぎたと。嫁父は一代で電気屋を始め、子供達、家族を経済として幸せに導いた人。

子供達も尊敬している。その電気がスーパーだった一番豊を模倣した時代を作り上げた人が反省の言葉をつぶやいた。


スゴいと感じた。この年代の人が自分が信じて進んで来た豊かさに本当の豊かさがなかった事を感じている。

毎日、手をかける野菜達の深い美味しさは電気では無理。安心感も無理。言葉ではなく心の奥で、感じてるに違いない。

やはり、尊敬出来る人。先に進んでる。それは本当の意味で、お金ではなく、経済の単位ではなく、幸せ度数の単位を未来に、子供達、孫達に繋いで行けると言う事である。

世の中の現場に出ない、土を触った事のない政を司る人達は、ネクタイを外すだけのパフォーマンスだけではなく、本当の幸せの原点を感じてほしい。机上の事ではなく、今から絶対間違う事の出来ない未来の答えを導いてもらいたい。

そう、この夏のまだまだ、いつもと違う静かな森の蝉時雨を待ちながら、想うこの頃です。


永遠に終わらない最後のブーム、幸せブームは来るのだろうか・・・・  




| マイセツ/my 説 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>

みんなのブログポータル JUGEM